前へ
次へ

1ヶ月で100円ほど動く事もある金買取の価格

金買取の価格は、時期との相関関係があります。
先物価格との連動性もあり、1ヶ月で買取額が大きく動くケースも少なくありません。
例えば1月の9日は、金買取の相場は4800円だったとします。
ところが1月の先物相場は上昇トレンドになっていて、金価格は上昇していきました。
この場合、金買取の価格も高めになる事が多いです。
1月30日頃には、4800円でなく4900円ぐらいになるケースもあります。
ちなみに4800円とは、品物1グラムあたりの価格になります。
ですから100グラムの品物であれば、1ヶ月で1万円ぐらいは買い取り価格1万円ぐらい高くなる訳です。
その価格差は決して軽視できません。
ただ幸いにも、先物の価格は簡単に調べることができます。
多くの先物業者には、公式サイトがあります。
スマートフォンでもPCでも公式サイトを見ることができますし、金の最新の価格を調べる事も可能です。
普段から業者のサイトに注視していれば、高く売れやすい時期も見極めやすくなります。

Page Top