前へ
次へ

金買取で記念硬貨は対応してもらえるか

金は昔から価値のあるものとして珍重され、日本でたくさん採掘されたときには金の島と言われたこともあったようです。
日本でももちろん金は貴重品とされ、お金を作るときにも材料として使われていました。
金貨や小判、大判と呼ばれるお金には一定の金が含まれていて、歴史的価値以外に金そのものの価値もあると言われています。
最近においてもいろいろな記念があると1万円金貨などが発行されることがあります。
額面は1万円ですが、実際はそれ以上の価格で売り出されます。
もし金貨を金買取してもらうときにはどこに持ち込むかですが、まずは銀行などお金を扱っているところに持ち込む方法があります。
こちらであれば額面を基準として一般的な現金と交換してもらえます。
1万円金貨は1万円以上するとされているので、それだと損をすることもあるでしょう。
硬貨やコインなどのお金を専門的に扱っている金買取業者に持ち込んでみましょう。
こちらであれば相場に応じた買取をしてくれます。
ただし金の含有量による買取はしてもらえません。

Page Top